無料
エロ
動画

出逢い系サイトでセフレとセックス

出逢い系サイトで出逢ったセフレとセックスしまくりです!

MAちゃんからのメール

どーもー

こんばんは。皆さん元気ですか?

今日はりょうちゃんファンの女の子からのメールをご紹介します。

お名前はMAちゃん。
年齢は二十代後半の、実は奥様です。
一ヶ月くらい前からこの日記を読んでくれているみたいで、ずいぶんと楽しみにしてくれてるみたい。
嬉しい限りです

彼女の楽しみは日記を読んで、一人でいじいじ。。。

いけない指遊びで自分の身体を慰めているみたい。

ちょっと遠くてなかなか会えそうもないけど、そのうちきっとGスポぐりぐりで楽しんでもらいたいと思っています。

そんな彼女から素敵な写真が届きました。
アップしときます。

どうやらFカップあるみたい。
お会いするときが楽しみです


完全無料の出逢い系サイトでセフレができたよ!

人妻のHちゃん 2

オハヨー りょうちゃんです

ちょっと間があいちゃいましたが、Hちゃんとの続きです。

入念なマッサージを終え、もう彼女はすっかりエッチモード

りょうちゃんに会うためにわざわざ買ってきてくれた濃紺のTバックはあそこに食い込み、左右からはみ出した彼女のあそこはもう蜜にまみれてぬらぬらと光っています。

「はい、もう一回うつぶせね」
そういってうつぶせになってもらい、あらためてマッサージを開始。

もう愛撫に移ってほしい。。。

彼女の身体はすっかり準備が整ってるけど、まだまだこれからです。

用意しておいたベビーローションを手に取り、まろやかな人妻のヒップにゆっくりとのばします。

「はい、仕上に入ります」
なーんて言いながら、マッサージ第二段階へ突入。

骨盤ポルチオマッサージの始まりです

イキにくい女の子には、いろいろなハードルがありますが、大きく分けると三つです。

心の問題。
男の愛撫不足。
性器周辺の覚醒不足。

第二段階のマッサージでは、二つ目と三つ目の問題をゆっくりとクリアーします。

お尻側から四カ所、前から二カ所へのマッサージを時間をかけて施します。

摩擦、柔らかな揉みこみ、そして細かなバイブレーション。

彼女の眠っていた子宮が目覚め、女としての快楽に向かって身体の内部が動き始めます

時々脚を開かせて、性器の脇に指をあて、震わせます。

身体の覚醒度合いをはかりながらも、マッサージは続きます。

「え?え?な、なにこれ?」
イッたことのない彼女には、初めての感覚。
膣がゆっくりとうねり始め、子宮がきゅんと震えているはずです。

「あ、あ、あ、だめ、だめ、ダメえ」

穿かせたままのTバックにクリがこすれて、彼女は生まれて初めての「イク」にたどり着きます。

「ほら、イッたね。良かったね」

でも、まだまだマッサージは終わりません。

せっかくのりょうちゃんとのセックスです。
もっともっと、身体を覚醒させておきましょう。

まだまだ性器やクリや乳首には触りません。

女の子の身体っていうのは、そういう所に触らなくても、ちゃんとイクもんなんですよ

エッチなメル友募集中です

もっと優しく。。。

どーも。りょうちゃんです

昨日の日記を読んだ女の子から、いくつかメッセージが来てます。

みんな口を揃えて、
『だいたい男のセックスはがさつ過ぎる』

というご意見です。

『エロいが優しい』をモットーとするりょうちゃんとしては、何だか少し寂しいかぎりです

そこで、日記を読んだ女の子に質問です。

1 男のセックスは雑すぎるか?

2 前戯としての愛撫は短すぎると感じているか?

3 もっとねちっこく、エロく責めてほしいわ

この三つです。

勿論 個人情報は表に出したりしません

ちょっとアンケートに御協力を

メッセージ待ってまーす

エッチなエッチな日記!

人妻のHちゃん

こんばんは。
皆さんどーも、りょうちゃんです。

大忙しの上期末を終え、やっと女の子に会う時間を作れるようになりました

八月の終わりごろからメッセージをいただいていた女の子と、やっとスケジュールが合い、お会いすることができるようになりました。

彼女はHちゃん。
彼女といっても、実は人妻です。

32歳の人妻さんですが、結婚して四年目。
旦那さんとはそれなりにエッチはしているみたいですが、実はまだ逝った事がない。。。

ネットでりょうちゃんを見つけ、勇気を振り絞ってメッセージをくれたのが八月の終わりごろ。

他の女のことの予約はあるし、上期末を向かえて仕事も忙しくて、なかなかお互いに時間が取れませんでしたが、やっと会うことが出来ました。

駅のそばで待ち合わせをして、彼女の車でホテルへ

逝った事がないという彼女だから、電マ装備のホテルでじっくりと時間をかけて会うことにしました。

すっごく緊張しているみたいだけど、ホテルに入ってしばらくおしゃべりしているうちに緊張も解けてきます。

H:「何だかりょうちゃんって、もっと怖い感じの人だと思ってました」
R:「ん?なんで?」
H:「だって、あんなエッチなこといっぱいしてるし。。。」
R:「あはは、怖くないでしょ?」
H:「うん。怖くない」
R:「普通すぎて拍子抜けって感じかな?」

そう。りょうちゃんはすっごく普通です。

自分で言うのもなんだけど、普通すぎて特徴がない

道ですれ違っても、顔を覚えられたりしないタイプ。

H:「それに……」
R:「ん?それに?」
H:「あんまりエッチそうに見えない」

まぁまぁ、そういうもんです

R:「でも、ほんとはエッチなんですよ」
H:「はい。よく知ってます」

こんな話しをしているうちに彼女はすっかりリラックス。

エッチっていうのは、肉体的なテクニックだけじゃない。
本当のところは、リラックスした心の状態が一番大事。

何しろ初めて会う男にいきなり抱かれるんですから、こっちとしてもしっかりとリラックスしてもらわないとね

くつろいできたところでシャワータイム。
彼女が一人でバスルームに入り、交代でりょうちゃんもシャワーを浴びます。

一緒に入る女の子もいれば、一人ずつのときもある。
これも女の子しだい。

シャワーを浴びて出てくると、彼女はベッドに上がって布団を首までかけて待っています。
するりとその横に滑り込み、柔らかく抱きながらキス。

軽く唇を合わせ、ついばむようにキスを交わします。

Hちゃんの緊張が解けてくるのを確認してから、そっと身体に手を伸ばします。

彼女はグラマラスなタイプ。
柔らかい身体に触れていると、布団の中でりょうちゃんJrが元気になってくる。

「どんな風にしたい?」
キスをしながら聞くと、
「すっごくエッチにしてほしい。。。」 というご希望。

はいはい、了解いたしました。

すっかり緊張が解けていることを確認してから、持ってきた目隠しでHちゃんの視界を奪います。

目隠しだけ。まだ縛ったりしない。

これだけでも、女の子の身体は凄く敏感に変る。

目隠しをしたHちゃんをうつぶせににして、足元からゆっくりとマッサージ。

習ったことはないけど、りょうちゃんマッサージはとっても女の子に好評です

しっかりとマッサージをして、もっとリラックスしてもらい、身体に触れることに慣れてもらう。

何しろ初めて会った男ですからね。

たっぷりと時間をかけてマッサージです。

ふくらはぎから太股。お尻の部分はちょっと飛ばして肩から背中へ。。。
マッサージですから、愛撫じゃない。
でも、だんだんと指先から力を抜いて、ゆっくりと愛撫へと移っていくんです。

背中側が終わると、今度は仰向けに寝てもらい、また足元からゆっくりとマッサージ。
足先からすねへ、そして太股へ。。。
もちろんその先はちょっと飛ばして首筋と鎖骨。
そしてわき腹と腰のラインをマッサージ。

こっちもだんだん力を抜いて、ゆっくりと愛撫へと移行。

この段階でHちゃんはもううっとりと唇を半分開き、時々腰がエッチにくねり始めてる。

もう一度うつぶせになってもらい、背中側を丹念にマッサージ。
太股の内側をゆっくりと指先が這い登っていくと、履いたままのパンティーにはもうシミができてきちゃってる。

「濡れてきてるね。エッチな身体だ」

エッチになるようにしているわけだけど、そう囁くことがもっと彼女の感度を高めていく。

目隠しをされ、マッサージを受けるだけでHちゃんはもうすっかり出来上がっちゃってる感じです。

仰向けになってもらい、オッパイのあたりを今度はマッサージ。
リンパや乳腺の流れを意識しながら、柔らかい人妻の乳房を愛撫していくと、かわいい乳首がしっかりと立ち上がり、Hちゃんの口から熱い吐息が漏れ始めてくる。

まだまだ乳首になんか触ってあげない。

もっともっと感度をあげてからじゃないとね。

そう、りょうちゃんはベッドでは意地悪なんです

エッチなエッチな日記!

たーっぷりとフェラチオしてもらいました

今日は10月まだまだ今月は女の子とお会いしておりませんが、先月のデートを書いちゃいます。

彼女とは長い付き合い。
もうすぐ一年になるかなぁ。。。

身体の相性もばっちりで、会うたびに果てしなくエロいセックスを繰り広げることになります

いつもどおりホテルに入り、ゆっくりとビールで乾杯。
よく冷えたビールと心地よいエアコンの風。
そして隣には素敵な女の子。

男が最もウキウキする瞬間だな

一緒にお風呂へ。
バスタブの中で抱き合って軽くキス。
触らなくてももう彼女のそこがドロドロにいやらしく濡れてるのはわかりきってる。
何しろ彼女の身体を開発したのはこの僕。
逝く事を知らなかった彼女が、今ではスーパー淫乱女の子に変身しちゃってるんだから、りょうちゃん自身もちょっと驚き。

軽く触れるだけで、すごーくエッチな反応を見せる彼女。
もう面白くってたまらない

お風呂の中で指でくちゅくちゅして、何度か逝かせる。
逝く瞬間のギリでとめようと思うけど、彼女が自分で腰を動かして逝っちゃうもんだから、寸止めできない

まぁ、いやらしく腰をくねらせる女の子って言うのは、見てるだけで興奮しちゃうよね。

まぁ、そんなバスタイムを終えてベッドへ。

たっぷりと湯船であったまったし、何度か逝っちゃってるから彼女はすぐに欲しがる。

でもここはきちんとしなくちゃいけない。
まずは、りょうちゃんJrにきちんとご挨拶。

たーっぷりとフェラチオしてもらいました。

彼女のフェラはとってもソフトでりょうちゃん好み。
ゆっくりと味わうように舌を使い、とってもいやらしい目で時々見つめてくる。

あ〜 たまりません。。。

あんまりにも気持ちいいんで、そのまま出したくなっちゃうところをグーっとこらえ、攻守交替。
久しぶりに彼女の身体をゆーっくりとマッサージしてあげます。

滑らかな白い肌の上を、指先でくすぐる。

表・裏・表とたっぷりと時間をかけてから、やっと彼女の中心部分へ。

指先で包皮の上からそっと押さえると、
「あっ!だめっ、だめだめ、逝っちゃうううっ!!」

軽い圧迫だけで、簡単に逝っちゃいました。

そこからはもう怒涛のアクメ地獄の始まり。

クリで逝き、Gスポで逝き、クリ舐めGスポぐりぐりで逝き、Gよりも少し奥で逝き、もっと奥で逝き、裏Gで逝き、そしてまたクリで逝く。

果てしない連続アクメ地獄で彼女はもうへろへろ。

そんな彼女の脚をぐっと押し開き、いよいよりょうちゃん投入

中に入った瞬間に逝き、奥を押し込んで逝き、そしてまた当然ピストンで逝く。

もう入れてる間中ほとんど逝きっ放し状態。

終わったときには、もうベッドの上で身動き一つ出来ない状態。

いやぁ、なかなかないくらい素敵なセックスでした

エッチな話聞きたい?エッチ大好き


close