無料
エロ
動画

出逢い系サイトでセフレとセックス

出逢い系サイトで出逢ったセフレとセックスしまくりです!

彼女はKissしたくて仕方ない

先週の会話の中で・・・

俺『来週は仕事上休めないんだ』

彼女『じゃあ・・・お昼休憩は逢える!?』

俺『いいよ』

って事で職場付近の公園で逢うことに同じ県内だからそう遠くはない

仕事のキリをつけ電話・・・

彼女『おっはよぉ』 いつもより声が弾んで艶っぽい

俺『おはよぉ今どの辺?』

彼女『今○○だよぉ』

俺『じゃあ、もうすぐ着くね』

彼女『そうだねぇ』

しばし会話をしながら時間調整

お互いコンビにでお昼を買い、食後の『デザート』を・・・

彼女『久々にワッフルにしない?』

俺『いいねぇ』 でもホントの食後のデザートは・・・○○○

待ち合わせの駐車場にほぼ同時に到着

2列目に乗り込む(背を向けた彼女のスカートをめくり確認)

席に座り頭を撫でる・・・『来てくれてありがとう』

彼女は『逢ったらリアルにナデナデして・・・』といつもねだる

ご飯とデザートを食べる

彼女はKissしたくて仕方ない・・・

ジェスチャーと目で『後ろいこう!?』と訴えてくる

3列目のシートはフラット

移動し2列目のシートをもう少し前にだそうとしている彼女の後ろから・・・

オマンコを指でチェック・・・

俺『これはなぁ〜に!?』

彼女『なんだろうねぇ』と誤魔化す

俺はさらに『これはなぁ〜に?』と問い詰める

彼女『○○の淫らなオマンコの愛液』とその身体の誤魔化しようの無い証拠に頬を紅らめる

俺『いやらしい・・・』 

その言葉にも感じさらに愛液が溢れてくる

オマンコからの愛液をクリトリスにつけて弄る

2列目のシートにしがみつきながら掻きまわされ声を押し殺しながら喘ぐ

指を一本挿入・・・しばらくそのままに・・・

ただ・・・挿入しているだけ・・・ただ・・・それだけなのに・・・

彼女のアソコの中と身体ががピクッピクッと小刻みに反応・・・

『あっ・・・あっ・・・ヤバイ・・・出ちゃいそう・・・気持ちいい・・・』

その下にはタオルケット敷いてある・・・彼女の大量に溢れる失禁を受け止めるため

そして程なく『失禁』しかも・・・

『ピュッ』といつも以上の勢いでタオル以外の所へ

このまま掻き回すといつもの様に大洪水になる・・・一度指を止めタオルを敷き直す

再び掻き回し噴き出そうになると・・・寸止め

出そうになっては『寸止め』を繰り返し・・・一気に掻き回すと

『あっあっあっ出ちゃう出ちゃうぅぅぅっぅ・・・』その声と共に音を立てて漏らす

その失禁はしばらくとまらない『車内ということも忘れ漏らす』

向きを変え向かい合い貪るようにキス&ハグ

彼女の手は俺の制服のズボンの上から太くカチカチになったペニスを弄る

触っているうちに『生で触りたい』

そして『咥えたい』という彼女の欲望が・・・ファスナーを下ろす

トランクスから俺の太くカチカチになったペニスを出しフェラ

すべてを咥え感じたい彼女ズボンと下着を脱ぐと夢中でペニスを咥える

俺『よく一週間我慢したね』彼女の頭を撫でる

彼女は『うんっ』と喜ぶ

俺は『美味しいかい』

彼女は『美味しい・・・』と陶酔した表情

俺『おいで・・・』

彼女は俺に跨りゆっくり挿入

『あっ・・・あっ・・・あぁ〜ん・・・気持ちいい〜』

奥深くまで挿入してゆっくりと動くだし感じ始める彼女

車内、昼間の公園の駐車場で他の人も公園でお昼休憩をしたり子連れの親子が居る中

ここで行われえている行為を意識させるように

『外を見てごらんみんなが見ているよ』と彼女に言うと外を見る

すぐ横にはサラリーマン風の紳士がコチラを気にして見ている

激しく動きたい欲望と絶叫したいのを我慢しながらも

ゆっくりと腰を使い挿入されたペニスを子宮を掻き回すように動かす

乱れる呼吸・・・子宮にあたるたびに仰け反る身体・・・溢れる愛液・・・

すべて真昼の公園の駐車場には無い光景・・・

俺『○○○濃い精液どこに欲しい!?』

彼女『う〜ん・・・ホントは・・・○○の淫らなマンコに注いで欲しい・・・でも』

そして『どこに出したい?』と訊いてくる

俺『○○○の口から体内に俺の愛を注ぎ込むよ・・・』

挿入していたものを抜き彼女の愛液で濡れたペニスを咥内へ

そのペニスを咥え『○○の愛液で濡れたペニス美味しい・・・』と言いさらに激しく舐める

そして彼女の咥内へ射精・・・しばらくその精液を味わいすべて飲み込む

しばらく経ち立ち上がる彼女・・・初めての感覚・・・を感じる

『どうした・・・』と俺

『膝から下がなんだかフワフワして・・・力が入らない・・・』と

だいぶ遅い大きな余韻が押し寄せる・・・

俺は仕事中・・・最後にキスをして仕事に戻る・・・












短時間にもかかわらず『新たな快感』を感じた彼女・・・また淫乱に成長したね

歌舞伎2デイズ

日曜は演舞場での、なかなか評判の高い、海老ちゃんの「加賀見山」の岩藤を楽しみに、雨の中を向かいました。

友人のピンチヒッターで、すの字のお兄さんと半年以上?久々の再会。

「お元気になられて何より・・・」
と、喜んでいると、チケットを手配してくださった☆misato☆姉のお計らいか、なんとお隣は雷蔵ちゃんとHirokoさん。

すの字さんを強制ハーレム状態にし、思いがけずのプチ総見となりました

・・・・美月は天中殺年の今の時期、強烈に運気が沈むのです。・・・

わかっていても、心構えがあっても、お祓いしていても、それは占い師にも容赦なくやってきました。

先ず、虐められまくる時蔵さんで、涙腺に・・・キタ・・・

ああ、この方ってば存在だけでもう切なさが漂う・・・

役者はこうでなくっちゃ・・・

時蔵さんのせいにして、もう泣くことにしました

劇場でよかった・・・。

それにしても、海老ちゃんの岩藤の局のエグイこと、エグイこと・・・

「血も涙もない」感じと、「時折戻る男らしさ(爆)」で、腹立たしさは、大映テレビの小川真由美以上にヒートアップ。。。

しかしあの残酷さは、後で亀ちゃんのお初に、草履ぺんぺんされ仇討ちされる折の爽快感が増すのです。

所作は失礼ながら立役の名残を感じながらも、今回も気合の入った海老ちゃんに感激するワタクシ。

「かさね」も、海老ちゃんでの与右衛門が見たかっただけに、色男振りが実生活とシンクロする。。。

お隣で、すの字さんの指が、鳴り物と同じリズムで動く・・

雷蔵ちゃんとHirokoさんの美女たちの華やかな小さな笑い声。。。

やっぱりいいな〜、この空間。。。




昨日は歌舞伎座・昼の部に、マグさんのご主人のピンチヒッターで染ちゃんの「竜馬がいく・風雲編」を楽しみに向かいました。

2月の博多座での観劇の、モツ鍋以来のマグさんとのお喋りは、本当に楽しかったです。

「竜馬がいく」今年は仲良しのシジャッキーさんは、夜の部で腰元なので御出になっていないものの、「お初」で演舞場と行ったり来たりの今度は「おりょう」の亀ちゃんが、双方ともに好演。

「おなごも軍艦に乗れますか?」

で、おりょうの心意気と竜馬への敬意と想い、そして幕末の時代の女の歯がゆさが伝わってくるのです。

二人の出逢いの場は、実際は京都の三十三間堂とハイアットリージェンシー京都の間の道を南に下ったこところ、と推測されています。

今の女性は「男性についていく」何て意識も、覚悟も余り無いように感じます。

芝居にはないものの、魔界に続く、伏見稲荷の近くの「寺田屋旅館」では、たまたま入浴していたおりょうが、全裸で梯子を駆け上がり二階の龍馬に危険を知らせた事が有名な話として残っています。

薩摩藩士同士が切りあった「寺田屋騒動」の折です。

今ではワイドショーでも、こんなお話し、全く聞くことはないなあ。

女性が役割を忘れたのか、その分後ろからついて行きたくなるような男性が減ったのか・・・

秋に京都に行くことが出来たら、その想いを知りに足を運んでみたいと思っています。

・・・そんなことを思いながら、玉三郎さまのオロチまで連日の寝不足が祟り、シエスタ・・・マグさん、ごめんね。。。

子供が身代わりで死ぬ芝居は苦手、寺子屋や熊谷陣屋みたいにキッズ生首フィギアが出なくてよかった〜。

帰りは、そのせいか我が家のキッズが気になり、ゆかっちさんとうちのお嬢と代官山で待ち合わせて、遅ればせのお誕生プレゼントを買いに行ったのでした。

芝居と友人達のお陰で何とかエネルギーを回復させて貰えた。

皆さん、ありがとう・・・ 大好きだよ〜

ほんとうにお世話になりました


☆舞台写真は昨年のものです。

白いぶたくん

高校生の時にね、びっくりドンキーのレジに売ってるぶたくんのぬいぐるみと出逢いまして…今まで買う機会がなかったんですよ



しかーしっ



ついに昨日あたすのもとに



頗る可愛い



あ、大丈夫、ぴょんも忘れてないから



白いぶたくんの名前…どうしようかなぁ…

夢(笑)

今回は真面目な話… 









僕には『夢』がない。 





そりゃぁ昔はありましたよ… 




小学生の時は『大工』になりたかったし、中、高校生の時は『調理師』になりたかった。 







しかし『嫌いな食べ物がハンパない…んな偏食な調理師がいていいのか…味見できねーヨ』と言う理由もあり断念… 






それ以降なにも目標がなく生きてきた… 





約7年間も…





それなりに楽しかったよ



でも今25で何もしたい事見つかってないのは、若い頃したい事を探さず遊びまわってたからか…




真剣に転職を考えているものの…次にしたい事がないから踏みきれない



とりあえず転職し、『また考える…』って事ができる程若くない…気がする 





いや…それもいいかも




環境変われば新しい『出逢い』、『見えてくる事』がありだろう…





僕の『横』にいてくれる『ヒト』も見つかるかもしれないッ(笑)







将来は『犬』と『猫』を飼って『静か』にくらしたいです…




よし、ではでは行動に移すとしますかッ 












      お 


      し 


      ま 


      い

バツイチ恋愛、ネット恋愛

こんにちは。

今週、あやさん、落ち着きません。

ドキドキです。(笑)

…何故か?

初デートなんですな

バツイチ歴九年。

離婚してからというもの、私の心は、南極の氷のごとく。

出逢いはあるけど、恋愛にまで発展しない。

昔、仲人さん、言ってましたね。

バツイチの恋愛ほど、難しい…

その通り。

離婚のショックが、大きくて、あの日から、私の心は、凍りついた。

その後、元彼と、付き合ったけど、恋はしてなかった。

心が…動かない。

必死で、隠して無理してた。

だけどさ…所詮、そんな関係が、長く続くわけない。

さよならは、私から言った。



それから間もなく、ネットで、彼と知り合った。

まだ、ネットだけ。実際には会ってない。

彼とメールや、ネットのやり取りのうちに、彼の事が、頭から離れない。
会いたくてたまらない。
これって、恋だよね?

二度と溶ける事は無いと思った心の氷。

少しずつ、溶け始めた。
今週、やっと会える

私の心を溶かしてくれた人に。

close